五反田 品川区

五反田「グリルエフ」レトロな雰囲気の老舗洋食屋

五反田の老舗洋食店「グリルエフ」さんへ訪問しました。

五反田駅前すぐとあって、ちょいと治安悪めな雰囲気・・・大丈夫でしょうか・・・ドキドキ。

テイクアウトについての立て看板がありました。

ちょっとだけフォントが怖いんだよなぁ・・・

17時オープンとのことで、この日は17時ピッタリに訪問しました。

お店の外観。

壁に蔦がビッシリ絡まっていて、建物の古さがうかがえます。

いざ入店すると、20代くらいの若い男性スタッフにお出迎え頂き、テーブル席へ案内されました。

店内の様子。

一言いうなら、建物が古いです!

しかし椅子のカバーなど、細部は手入れが行き届いており、ピシッと清潔に保たれていて不思議と清潔感があります。

カーテンの折り方が洋館みたい。

店内は薄暗い感じで、雰囲気あります。

なぜか天井に届くサイズのヤシの木が店内中央にあります。

オススメメニュー。

ここには載っていないですが、ハヤシライスが人気とのことで、今回はハヤシライスをオーダーしました。

カニコロッケと迷いました。

オープン時間に合わせて入店した私たちの後、5分おきくらいに3組程入店されました。テイクアウト利用もあったようで、なかなか繁盛しているみたいです。

ハヤシライスの薬味です、とのこと。

ハヤシライスに薬味を入れると思っていなかったので、新鮮でした。

カレーの薬味のような、牛丼の薬味のようなチョイス。

ハヤシライス

カレーをいれる魔法のランプみたいな、アラジン的なアレに入って出てきました。

ちなみにこの容器の正式名称は「グレイビーボード」という名前だそうです。知らなかった・・!

溢れんばかりの具沢山です。

思い浮かべていたハヤシライスといえば、カレーのルーがデミグラスソースになった感じで、とろみのあるソースに牛肉が少し入っている、というイメージだったのですが、グリルエフさんのハヤシライスは、なんだか具100%な雰囲気です。

混ぜ返してみると、やっぱり具ばっかりで、ソースはサラサラっとしてごく少量でした。

ライスにのっけて、いただきます!

おおお・・・!牛肉とタマネギオンリーな雰囲気ですが、味はちゃんとブラウンソースが感じられます!

タマネギを飴色になるまで炒めて丁寧に作ったソースが控えめだけどライスに絡んで美味美味!

一瞬でペロッと完食していましました。

ハヤシライスの概念は覆されましたが、すぐにもう一度行きたくなる中毒性のあるお店でした。

グリルエフさんの公式サイトはこちら

また来よう。

ごちそうさまでしたごちそうさまでした!


東京食べ歩きランキング
  • この記事を書いた人

食べ歩き夫婦

東京で食べ歩きするのが趣味の子供なし30代夫婦。 ジャンル問わずお酒好きで、酒屋巡り後の家飲みも好き。 拠点は品川エリア、大井町、青物横丁、新馬場など。 そのほかのエリアも積極的に食べ歩きしてます。

-五反田, 品川区
-,

© 2021 品川エリアを食べ歩きする夫婦のブログ Powered by AFFINGER5